オーガニックシャンプーの選び方。配合成分を確認してから購入しよう


アミノ酸シャンプーやノンシリコン、髪にやさしい、地肌にもよいといわれるシャンプーが人気ですよね。

植物由来成分や天然由来成分を配合した「オーガニックシャンプー」も、髪にやさしそうな感じがするので使ってみたいと思っているのでは?オーガニックシャンプーに使われている成分は、本当に髪の毛や肌によいのでしょうか?

オーガニックシャンプーの見分け方と配合成分についてお話ししていきます。

オーガニックシャンプーとは?

農薬や化学肥料を使わずに育てた植物や自然界にあるものを配合して作ったシャンプーのことをいいます。

ただ、オーガニックといってもたくさんの種類があるのでどれを選んだらよいのかわからないという人は、オーガニックコスメの認証マークの有無を基準にすると選びやすいでしょう。

ヨーロッパのようにオーガニックコスメのブランドが多い所では、非営利団体が厳しい基準を設けていますが、日本では海外のようなオーガニックコスメの認証制度はありません。
そのため、日本で販売されているオーガニックコスメの認証マークは海外の認証団体のものになります。

海外のオーガニックコスメ認証団体で有名な所はこちらになります。

  • ECOCERT(フランス)
  • BDIH(ドイツ)
  • demeter(ドイツ)
  • 英国ソイルアソシェーション(イギリス)
  • SoCert(イタリア)
  • Natrue(EU)
  • ACO(オーストラリア)
  • USDA(アメリカ)

オーガニックで育てられた植物の他に、遺伝子組み換えや動物実験について言及している団体も少なくありません。

オーガニック植物の配合量や石油由来の化学成分の配合については団体によって基準が違うので、食品のような国際基準は設けられていないのが現状です。

ECOCERTのように世界80の国と地域のオーガニック認証を行っている団体もあるので、国内メーカーのものでも「COSMEBIO」や「COSMECO」といったマークがあれば、ECOCERTの認証基準をクリアしたオーガニックシャンプーと判断できますね。

オーガニックシャンプーに使われている成分は?

オーガニックコスメというと植物や自然界にある天然由来成分配合というイメージがありますが、シャンプーに含まれている成分にはどんなものがあるのでしょうか。

オーガニックシャンプーに含まれている配合成分と気になる添加物について説明します。

オーガニックシャンプーに使われる天然由来成分とは?

よく使われているのは、ハーブのエキスやエッセンシャルオイル、ホホバオイルやヒマワリ油、オリーブオイルといった「植物油」です。

ブランドやメーカーにもよりますが、使われている成分が全てオーガニックで育てられたものとは限らないのです。

認証団体によっては100%天然成分や自然農法で栽培したものを使用していなければ「オーガニックコスメ」と認めないとしている所もあれば、オーガニック植物は○%以上という所もあります。

オーガニックや天然由来成分にこだわるのであれば、配合成分の上位に使われている成分をチェックしましょう。

上位に書かれているものほど配合されている量が多くなりますよ。

オーガニックシャンプーには添加物は配合されているの?

シャンプーに含まれている添加物でいうとアルコールや防腐剤、界面活性剤、ポリマーが気になるでしょう。

防腐剤には、カビや雑菌の繁殖を防ぐという役割がありますし、界面活性剤は洗浄力、ポリマーは手触りをよくするという目的があるので、必ずしも悪いものではないのです。

オーガニックシャンプーの場合、石油系の合成添加物や着色料、化学香料は使われていなくても、認証団体が認めたものなら使えるので、植物由来や天然成分で作られた防腐剤や界面活性剤が配合されていることがあります。

健康被害を考えると添加物は含まれていない方がよいのかもしれませんが、使い心地や安全に使えることを考えると、オーガニックといえども完全無添加は難しいでしょう。

オーガニックシャンプーを使う時の注意点

オーガニックシャンプーは植物由来の成分やエッセンシャルオイルの効果を期待したいですよね。
そのためには、オーガニックシャンプーを使う前にいくつか気を付けてほしいことがあります。
オーガニックシャンプーを使う時の注意点を書いていきます。

刺激が強いこともある

オーガニックのイメージから肌や髪の毛にやさしい感じがしますが、オーガニックシャンプーに配合されている成分は、主に天然由来成分。自然の成分であるがゆえに、肌の状態によっては刺激が強いこともあるんです。

ピリピリとした刺激を感じたり、かゆみ、発疹が出た場合は、すぐにシャンプーの使用をやめてください。

また、トラブルを避けるためにもオーガニックシャンプーを使う前には、必ずパッチテストをして、肌に合うか確認しましょう。

オーガニックシャンプーに使われている天然成分のなかにはアレルギーの原因になるものもあるので、敏感肌やアレルギー体質の人は、要注意です。

慣れるのに時間がかかることも

髪の毛がさらさらになると期待して使いはじめたオーガニックシャンプーなのに、なかなか効果が感じられない、むしろ髪の毛がゴワつく、指通りやブラシの通りが悪いという悩みを感じてしまうかも!

オーガニックシャンプーは、即効性ではなく、時間をかけて髪の毛や地肌を健康にすると考えられています。
そのため、髪の毛の状態によっては慣れるまで泡立ちが悪かったり、髪がきしんでしまうということもあります。

まずは使ってみて、頭皮や髪の毛の状態をチェックしましょう。

オーガニックシャンプーは高価なので、最初から大きなサイズに手を出すのは勇気がいるという人は、トラベルサイズや使い切りタイプを試して効果が感じられるようだったら、通常サイズを購入すると決めてもよいでしょう。

最初は必ず店舗で購入する

オーガニックシャンプーは、WEBサイトだと植物成分だけで全成分が表記されていないことがあります。

オーガニックシャンプーをはじめて買う時は、ネットよりも美容院やオーガニックコスメの専門店で購入しましょう。

オーガニックコスメの専門店なら、髪や頭皮についてカウンセリングも受けられるので悩みにあったシャンプーが選べるのと、効果や配合成分についても質問できますよね。

実際に配合成分を見てからシャンプーを選べるので、オーガニックシャンプーがはじめてでも、自分に合うものが見つけやすいはずです。

いいシャンプーが必ずしもオーガニックとは限らない!

シャンプーは、ブランドやイメージではなく、本当に必要な成分が配合されているのか確認してから選びたいですね。
特に頭皮にトラブルを抱えていたり、髪の毛が傷んでいる場合、シャンプーのやり方を見直したり、ブラッシングを丁寧にするだけでも違ってきます。

オーガニックにこだわるよりも、自分にあうシャンプーを見つける方が地肌も髪の毛もきれいになりますよ。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る